バックエンドの小委員会


 今月初めの英国の原子力廃止措置機関(NDA)の視察の中で、再処理により取り出されたプルトニウムと高レベル廃棄物の輸送用の船を視察。日本で建造された船で、事実上日本専用に使用されている。


  英国が保管している日本のプルトニウムについても意見を聞いた。日本に送り返すのが本来の約束だが、日本が希望すれば英国で何らかの条件のもと受け入れる事も検討の余地があるという意見だった。英国は核保有国であり、プルトニウムの貯蔵量が増えてもあまり問題とされないという事情もありそうだ。


  脱原発を実現するためにはバックエンドについての方向性を出す必要がある。プルトニウムを減らすためにプルサーマルによる燃焼を主張する人もいるが、プルサーマルによっても使用済み燃料からプルトニウムを含む核廃棄物が発生する。英国のNDAとの意見交換では、原子炉によってはプルトニウムはあまり減らないものもあるという意見だった。また、プルサーマルの使用済み燃料の再処理は、何度も繰り返すには無理があるとのことだった。


  民主党のエネルギー環境調査会にバックエンドの小委員会ができるようなので、徹底的に検討したい。

今日の一言 トップに戻る