原子力廃止措置機関


  バックエンドについて考えている。 原発を稼働させると、自然界には存在しないプルトニウムが生まれる。プルトニウムと人類が共存できるのか、まずそのことが問題。


  現在日本にとって使用済み核燃料に含まれるプルトニウムが重荷になっている。従来、イギリスやフランスで再処理により取り出されたプルトニウムや、それをMOX燃料にしたものが、日本に送り返されていた。最近は、外国に委託した再処理をやめ、国内で再処理を行う事になっていた。


  しかし、日本国内では、使用済み燃料からプルトニウムを取り出す六ヶ所村の再処理工場や高速増殖炉「もんじゅ」が予定通り動かないために、使用済み核燃料の保管場所がほぼ満杯になっている。


  原発を稼働しろと言っている人は、この問題をどうするつもりなのか。


  イギリスには原子力廃止措置機関(Nuclear Decommissioninng Authority)という組織がある。日本でも、各種の原子力関係機関を、プルトニウムの無害化、廃炉など、脱原発を実現するための研究、開発機関に再編成する事が必要だ。

今日の一言 トップに戻る