民主党政権の再評価


  昨日は生まれ故郷の山口県宇部市での中学の同期会に出席。私の卒業した宇部市立神原中学校は私の学年が18クラス、一クラス58名前後で、一学年で1050名だった。次の学年が22クラス、その次が24クラスで、最大時生徒数約3600名のマンモス中学だった。

  私の生まれた戦後ベビーブーム時代には年間200万人が誕生した。今は半分の100万人。急激な少子高齢化が進んでいる。

  民主党が子ども手当の充実、高校無償化など、子供に手厚い政策を打ち出したのは間違ってはいない。社会保障と税の一体改革もこれ以上の先送りはできないテーマで、間違ってはいない。脱原発も間違ってはいない。

  民主党政権の3年間を冷静に再評価してもらいたい、と思っている。

今日の一言 トップに戻る