JALと民主党の再スタート


  野田代表が再選された。私は投票直前の野田候補の激励会で、JALの再上場のように、いよいよこれから再スタートだと応援演説をした。


 JALは政権交代直後に破たんし、その再建を民主党政権が担うことになった。私も企業再生機構の担当大臣として取り組んだ。


  株が紙切れとなる思い切った破たん処理、大リストラ、OBの年金の切り下げなどの荒療治、そして稲盛さんを会長に迎えての意識改革などがうまくいって、2年半で再生し、今回再上場となった。その結果企業再生機構が出資した3500億円は全額戻るだけでなく、約3000億円が国庫に納入される。


  こうした改革が可能となった背景には、民主党がしがらみがない政党であったことが大きく影響している。自民党では長年、運輸族議員を中心にJAL 利権に群がってきており、思い切った改革は不可能であったからだ。

今日の一言 トップに戻る