マスコミの責任


 細野・原発担当兼環境大臣が民主党代表選への出馬を断念。福島のことを真剣に考えている細野君としては、放射能除染などの職務を、一時的にしろ放棄して、代表選に出ることは矛盾すると考えてのことであろう。将来をになう人材であることは衆目の一致するところ。


  他方、自民党の総裁選では原発問題に対する意見は聞こえてこない。歴史的にも中曽根元総理を中心に、自民党政権下で進めてきた原発政策が福島原発事故で破たんしたことは明らか。民主党としては、経産省から切り離した原子力規制組織の創設や脱原発依存など、原発問題に党も内閣も真正面から取り組んでいる。


  次期国政選挙での最大の課題である原発問題に、自民党の総裁候補が何も言わない。原子力ムラは自民党を勝たせて、ムラの権益を維持しようと躍起になっている。こうした自民党と原子力村の実態をマスコミもしっかり報道してほしい。それが、原発事故を二度と起こさせないためのマスコミの責任だ。

今日の一言 トップに戻る