経済界の非現実的議論


最近、経済界に一部から出ている原発必要論では、3・11原発事故がなかったような論理立てに驚く。


 例えば原発が稼働しないと日本経済にマイナスというが、もし福島原発事故で首都圏から3000万人が避難を余儀なくされていたらどれだけ日本経済がダメッジを受けたか。経済界は検証したのか。その時には日本は大混乱に陥り、経済的にも、社会的にも、国際的にも国家存亡の危機に陥っていたことは間違いない。そしてこの最悪のシナリオは危機一髪、紙一重で回避されたもので、今でも同じような事故が絶対に起きないとはだれも言えない。


  まず、私たち日本人が経験した福島原発事故が、国家存亡の危機であったという共通認識を持ち、そこから再スタートすべき。それを忘れた議論、無視した議論はまさに「非現実的」な議論だ。

今日の一言 トップに戻る