もんじゅ視察


  昨日、民主党の国会議員と地方議員有志で高速増殖炉もんじゅの視察に行った。使用済み燃料から取り出したプルトニウムを燃やして発電し、同時に新たにプルトニウムを生み出すという、一時は夢の核燃料サイクルと期待されたもの。しかし、核廃棄物からプルトニウムを取り出すこと自体が経済的理由や、保有の危険性から止める国が増えている、

 日本でも、ナトリウム事故などで膨大な費用を長年かけながらうまくいっていない。最近では核廃棄物の処理に役立つ技術ということが言われるようになっている。しかしいずれも、原発稼働をを前提としており、脱原発に向かうことを決めれば、必要性はなくなる。

今日の一言 トップに戻る