目標の「原発ゼロ」は譲れない


   原発比率3選択肢に関し、全国11か所での意見聴取が始まる。


  野田総理は社会保障と税の一体改革では粘り強く頑張っている。成立するまでしっかり応援したい。


  しかし、脱原発について関しては、野田総理の考える最終目標がはっきりしない。2030年の発電に占める原発の比率について「ゼロ」「15%」「20~25%」の3つの選択肢が示されている。しかし、例えば、2030年に「15%」という選択肢は、その後廃止に向かうのかそれとも維持拡大するつもりか明確でない。


  3.11原発事故を経験して、私を含む多くの国民は原発に依存しない社会、つまり原発ゼロの日本を目指している。この「原発ゼロ」の目標は譲れない。つまり、ゴールの「ゼロ」は譲れない。


  ドイツでは「倫理委員会」を作り、脱原発を決めた。原発をどうするかは、技術や経済の議論も必要だが、最終的には国民がどういう未来を選択するかという生き方の問題。私は「2025年までのできるだけ早い時期に、原発をゼロにする」という公約で次期国政選挙を戦う覚悟だ。

今日の一言 トップに戻る