高速増殖炉「もんじゅ」からの撤退


高速増殖炉「もんじゅ」について勉強している。日本の核燃料サイクルの考え方は通常の原発から出る使用済み燃料から、プルトニウムを取り出し、そのプルトニウムを高速増殖炉で燃料として使って発電するという考え方。


  その時、燃焼するプルトニウム以上の新たなプルトニウムを生み出すので「増殖」という言葉が付いている。これは劣化ウランと呼ばれる、通常の原発では燃料として使えないウランの同位元素に中性子をあててプルトニウムに転換する技術である。


 このように従来燃料としては使い物にならない劣化ウランから、プルトニウムを生み出せるということで、多くの国が開発に取り組んだが、実用化できた国はない。日本でも冷却材として使うナトリウムが漏出して事故を起こし、停止している。


  高速増殖炉もんじゅはナトリウムを使うため技術的に極めて難しく、原理的に事故が起きやすい。多くの国はすでに開発から撤退している。日本も撤退すべきだ。

今日の一言 トップに戻る