ドイツの脱原発ロードマップ


  ドイツが脱原発を進めていることはこの欄でも何度か述べた。改めて詳しく説明したい。


  ドイツでは1986年のチェルノブイリ原発事故を契機に反原発運動が高まり、2000年、社会民主党と緑の党の連立によるシュレーダー政権が誕生。新規原発の建設停止と17基ある原発を2022年までに停止することを決定。


 しかし2009年に発足した、第二次メルケル政権は原発の稼働期間の延長を決定。


 そして福島原発事故を受けて、わずか4日後の3月14日、メルケル政権は旧型の原子炉7基を停止。その後7月までに、故障により停止中の1基の再稼働を認めず、残り9基についても2022年までに段階的に停止することを決めた。


 メルケル政権があらためて脱原発に急速にかじを切った背景には、緑の党の躍進がある。同時に10年以上の議論を踏まえての決定であり、昨年私がドイツ訪問した時の印象でも、経済界を含め国民的な合意となっていると感じた。

今日の一言 トップに戻る