国政選挙


 昨日、「脱原発ロードマップを考える会」が民主党の40名の議員本人出席で設立された。呼びかけ人や賛同人を合わせると60名を超える。


 飯田哲也氏の記念講演では、「リスク・便益」に留まらない原子力事故の破局性、「倫理」の観点で脱原発を決定したドイツ、といった興味深い話が聞けた。再稼働に関しても安全性を担保する体制が整っていないこと、電力需要を大きめに予測していることなどの指摘があった。


 企業は省エネや自家発電など自己努力を進めており、電力会社の需要予測は、再稼働を進めるためにバイアスがかかっている様に思える。


 平岡事務局長からは、改めて、脱原発ロードマップのたたき台が示された。


 私は、エネルギーの選択は、最終的には国民が決めるでありべきであり、次回の国政選挙をその機会にすべきだ、と述べた。

今日の一言 トップに戻る