脱原発か原発維持か


 原発、エネルギー問題が大きな政治課題になってきた。自民党は原発政策は10年間検討と言っている。昨年3.11にあれだけ大きな原発事故が起きていながら、これまで原発を積極的に進めてきた自民党が、何の方向性を示さないのは無責任であり、「逃げ」と言われても仕方がない。


 原発に対してどういう姿勢をとるか、次の国政選挙ですべての政党に問われる。エネルギー政策は最終的にはエネルギーを使う国民が決めることだからだ。


 各政党は、脱原発か、原発維持か、そのロードマップを示し、国民の判断に供すべきだ。


 今週12日には、民主党の有志で「脱原発ロードマップを考える会」を旗揚げする。

今日の一言 トップに戻る