若い世代


 昨日は、地域自治体から脱原発を実現していくという活動をしている「武蔵野エネルギーシフト」という若い世代の会合に飛び入り参加。私自身が市民運動を始めた20代の頃を思い出した。


 原発をやめるか、存続させるか、を最終的に決めるのは主権者である国民。特に若い世代はこれから長く生きてゆくだけの影響は大きい。


 太陽から地球に降り注いでいるエネルギー量は膨大。うまく活用すれば原発がなくてもエネルギーは十分に足りる。これまでは、原発を推進するために原発関係者が自然エネルギーの活用を妨害してきた。


  今年こそエネルギーシフトの元年にしなくてはならない。

今日の一言 トップに戻る