森林・林業調査会


  私が会長を務める民主党の森林・林業調査会が動き出した。国土の七割近くが森林に覆われている日本だが、これまで十分活用されてこなかった。


 日本の中には広い意味での木材需要はある。しかし、建材、合板、ペレット、パルプ原料といった需要に対し、総合的に効率よく木材を供給できる山はほとんどない。


 間伐にしても、木材生産のために行うというより、補助金がついたところだけ行われ、それも切り捨て間伐で材としては活用されていないケースが多い。


 川上からだけ森林を考えるのではなく、川下、つまり需要の側からどういう形で供給されれば商品として活用できるかを考える必要がある。


 木材利用が再生可能エネルギーとして意味を持つのは、最終的に燃やされてCO2を放出しても、植樹した木が育つときにCO2を吸収するからだ。


 石油などの化石燃料に代えて、バイオマス・エネルギーを活用することの意味はここにある。

今日の一言 トップに戻る