スマートエネルギー


 東京ビッグサイトで開催された「スマートエネルギーWEEK2012」の最終日の昨日、視察に訪れた。FIT (固定価格買い取り制度)が今年7月からスタートすることもあり、会場は熱気にあふれていた。私は農地の上部をを利用する「ソーラーシェア」、水素を燃料とする燃料電池など的を絞って視察した。


 国内企業に加え、中国やヨーロッパの企業も数多く出展し、売り込みを図っている。ソーラパネルや風力発電など、もともと日本の得意分野で、技術的にも優れていた。しかし、電力会社が、太陽光や風力からの電力の買い取りを極めて制限していたため、国内消費が伸びず、その間に、ヨーロッパや中国が力をつけ、今や日本企業は外国に追い越されてきている。この再生可能エネルギーの分野は、エネルギーを蓄える電池技術とも関連し、技術革新の宝庫だ。再生可能エネルギーによる電力を優先して買い取る制度を急いで整備し、巻き返しを図る必要がある。

今日の一言 トップに戻る