「安倍政権NO! ☆0214大行進 in 渋谷~民主主義を取り戻せ! 戦争させるな!」に参加


s-DSC_0672
2月14日に東京で「安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷」と題したイベントとデモが開催されました。主催は、安倍政権による安全保障政策や原発再稼働、格差の拡大などに反対する25の市民団体です。学生団体「SEALDs(シールズ)」や「首都圏反原発連合」などが事務局を担当。代々木公園で集会を開催し、約4千人が参加。

s-DSC_0639
その後の渋谷や原宿の目抜き通りを歩いたデモには約1万人が参加しました。渋谷デモに出発する前のけやき並木通りの集会では「市民連合」の中野晃一教授やSEALDsの諏訪原君が発言。菅は民主党を代表してあいさつしました。「今日は、岡田代表に言われて来ている。このことが(野党共闘)に対する党の姿勢が進んでいることだと思って欲しい」とスピーチしました。

s-DSC_0757
共産党の小池議員も、「菅さんが民主党の代表として参加したと言われた。今週、野党5党が共同で安保法の廃止法案を国会に提出することになっている」とあいさつして、大きな拍手を受けていました。全員のスピーチの後に湧き上がった「野党は共闘!」のコールに、野党5党を代表して参加した議員は手を固く握って応えていました。

s-DSC_0630
集会の後に、参加者約1万人が14の梯団に分かれて渋谷・原宿の繁華街をデモ行進しました。当日の朝まで強い風と小雨が降っていましたが、幸いにもお昼までには暑いぐらいの晴天に。参加者は「安倍政権NO!」「野党は共闘」などのカードを掲げて、バレンタインデーで賑わう渋谷と原宿の街を歩きました。野党5党の代表者も「野党は共闘」のポスターを掲げて一緒に歩きました。

s-DSC_0880
デモを先導したサウンドカーでは、SEALDsのラッパーUSDこと牛田君や橋本紅子さんが音楽をバックにコール。「渋谷の皆さん、私達は安倍政権に反対しています!」。また、昨年夏の安保法案に反対する国会前デモで12万人が叫んだ「民主主義ってなんだ!」「これだ!」「安保法制、絶対反対!」「選挙に行こうよ!」「安倍は辞めろ!」のコールが渋谷と原宿の街に響きました。

s-DSC_00061
高額の奨学金による借金を背負う学生が多いことから、「学費を下げろ!」「生活保障に税金使え!」の新コールも。野党を代表して最後まで歩いた国会議員たちには「野党は共闘!」「野党は頑張れ!」のコールが。渋谷も原宿も、デモの参加者が若いだけに沿道の反応も好意的。沿道から手を振ってくれる歩行者も。高校生たちの「T-n’s SOWL」も参加したこのデモ。春めいた青空に、新しい政治への希望を感じました。

s-DSC_0083

 

s-DSC_0001

 

s-DSC_0214

 

s-DSC_0240

 

s-DSC_0339

 

s-DSC_0105

 

s-DSC_0238

 

イベント トップに戻る