新作ポスターとトリセツの反響


歌舞伎「暫」をヒントにした新作ポスターのお披露目の遊説を、昨日の日曜日、吉祥寺で行った。多くの人が足を止め、100人以上の人が一緒に写真撮影。特に、10代の若者や子供連れの若い夫婦が目立ち、「頑張って」と激励された。


  ポスターと同時に名刺大の「菅ナオトのトリセツ」も配布。あっという間に用意した1500枚が受け取られた。最 初スタッフが「菅ナオトのトリセツ」を作ろうと言った時には意味が分からなかったが、西野カナの「トリセツ」の歌を聞いて理解できた。取扱説明書、つまり 菅ナオトの使い方説明書だ。片面はポスターと同じ構図で、もう片面に詳しいトリセツが掲載されている。

 

トリセツは、http://n-kan.jp/news/3786.html からダウンロードも可能。


  遊説では、原発、憲法、格差の3点に絞って、「安倍政権の暴走」STOP を訴えた。つまり安倍政権は福島原発 事故があり、使用済み燃料の処分地も決まっていないのに、原発推進で暴走している。また自衛隊海外派兵できる憲法改正で暴走している。さらに、若者が卒業 したとたんに奨学金返済で大きな借金を背負うなど、若者が将来に不安を感じるけ格差拡大政策で暴走している。


  全ての野党は次期国政選挙で「安倍政治の暴走をSTOP」で共闘できるはずだ。

今日の一言 トップに戻る