ベルリンのハインリッヒ・ベル財団で講演


ベルリン日独センターとハインリッヒ・ベル財団が共催してくれた菅直人の講演会「危機管理-福島原発事故の教訓」が開催中!

 

ベル財団のセミナールームは、230人を超える聴衆の熱気であふれています。有力誌「シュピーゲル」が直前にインタビュー記事をネット配信してくれた相乗効果もあって満員御礼!

 

講演の前には、ドイツ緑の党原子力担当のスポースパーソン、ジルビア・コッティング=ウール議員が菅の日本と世界の脱原発と自然エネルギーへの貢献を熱く紹介してくれました。

 

12118597_431837833676132_4727559542196822764_n

 

12111989_431838937009355_7302960651952150288_n

 

12141619_431842547008994_8309924780994824058_n

海外 トップに戻る