原子力問題調査特別委員会で IAEA報告書について質問


s-DSC_0047

IAEA(国際原子力機関)は、8月31日に福島原発事故の最終報告書を公表しました。報告書は「日本では原発が安全という思い込みが浸透していた」と指摘。事故対応の備えが不十分だったと分析しています。菅はこの報告書を受けて、9月3日に開催された原子力問題調査特別委員会で経済産業副大臣の高木陽介議員と東京電力社長の廣瀬直己氏に質問しました。

 

s-DSC_0065

菅は高木副大臣に対して、自分も福島原発事故が起きるまでは「日本の原発は安全で過酷事故は起きない」と思っていたが、そのことを反省していることを伝えました。同時に、最近の安倍政権は経産省の対応を含めて、再び「福島のような原発事故は起きない」ことを前提に川内原発の再稼働が象徴する原発政策を進めているように見受けられること。原発の安全神話が再度復活してきていることを指摘しました。

 

s-DSC_0021

東京電力の廣瀬社長には、政府事故調査委員会の調書について、東電関係者は故吉田所長の調書以外は当時の社長を含む幹部の調書が一切公開されていないことを指摘。福島原発事故の原因究明のためにも全面的に公開するべきだと迫りました。また、東電の「テレビ会議」の映像や一部音声について公開されていない3月11日の映像(事故発生から24時間分)も全面的に公開する必要があると思うがどうかと質問しました。

 

s-DSC_0063

廣瀬社長は、この質問に対して「私どもは、メディアの方々中心に、事故直後から一カ月の間のビデオを全部公開させていただいております」「事故からたくさんを学ばなければいけませんし、これから世界中の原子力の安全にも生かしていただきたいというのが、事故を起こしてしまった我々のせめてものできることだと思っておりますので(中略)、世界で共有していただきたいというふうに考えております」と答えました。

 

s-DSC_0062

菅はこの答弁を受けて、その公開されているビデオをメディアや国会議員が見たいと言ったら見られるということかと確認しました。すると廣瀬社長は「ご希望があればそういった形にすることはできると思います」と応じました。そして高木副大臣にも「情報公開の徹底を指示している」ことを確認したところ、東電は信頼を勝ち得るためにしっかり情報公開していくことが最も肝要であると考えていると答えました。

 

s-DSC_0064

この度の、東電廣瀬社長による答弁は、あの福島原発事故から4年半が経つのに、事故の最も重要な情報(『東電テレビ会議』の映像や音声)が秘匿されているという異常な状況が変わるきっかけにつながる非常に重要な答弁です。この答弁に基づいて、当然公開されるべきなのに隠されてきた福島原発事故に関する情報を、できるだけ公開してもらうように働きかけます!この答弁は、以下のリンクからアーカイブ映像で見ることができます。

 

fukushima-report-story

 

【衆議院インターネット審議中継】

原子力問題調査特別委員会

2015年9月3日 (木)「原子力問題に関する件」

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=45257&media_type=fp

 

【アワープラネットTV】

「東電テレビ会議 49時間の記録」※9/11(金)まで全編無料配信

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1972

 

原発・エネルギー トップに戻る