安保法制に反対する国会請願&包囲行動を激励!


s-DSC_1183

菅直人は、7月14日に行われた「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」による安倍政権の安保法制に反対する国会包囲行動の激励と国会請願の受付に参加しました。翌15日には、安倍政権によるいわゆる「戦争法案」の強行採決の可能性が言われています。19時から3時間半も続いた請願デモへの激励には、各野党から十数名の国会議員が参加しました。

s-DSC_1034

夜になっても気温が下がらない猛暑の中、菅も1万人近い請願デモの皆さんと一緒に「戦争法案に反対!」「強行採決を許さない!」などとコールしました。全国から結集した参加者の皆さんの危機感はかなり強く、特にご高齢の女性の方たちからは「本当になんとか止めて欲しい」という悲壮な想いが伝わってきました。

s-DSC_1195

実行委員会は、東京の日比谷野外音楽堂で夕方から集会を開催。主催者発表で2万人もの参加者が集まって、すごい熱気のなか「子供や孫を戦場に送らない!」「強行採決、絶対反対!」「戦争法案は廃案!」などと訴えました。集会には、野党各党の代表者を含む国会議員や作家の落合恵子さんらも参加。法案に反対する市民の声を盛り上げて、廃案にしていこうと訴えました。

 

安保法案(日比谷公園)2015.7.14

評論家の佐高信さんは、安倍政権を倒さないと戦争に突入する恐れがあることを訴えました。集会後に、参加者の皆さんは日比谷公園から国会周辺までデモ行進。国会では、各野党の国会議員が議員面会所で国会請願を受けて、参加者の皆さんを激励しました。

s-DSC_1119

「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」では、明日15日の安保法案の強行採決を阻止するために、昼間の議員会館前の座り込みや夜の国会包囲デモを呼びかけています。菅も、安保法制を阻止するために市民の皆さんと共にできる努力を続けていきます。

s-DSC_1168

 

 

 

イベント トップに戻る