『「安全保障制度」を問う-2』『「戦争法案」を葬ろう 連続集会』に参加


2015.0709日弁連・安保②

菅直人は、日本弁護士連合会が主催した院内学習会『「安全保障制度」を問うpart2』に参加しました。集会では、憲法調査会で「安保法制は違憲」だと証言して国会審議の流れを変えた早稲田大学大学院の長谷部教授が講演されました。また、安倍政権は違憲かどうかは(学者ではなく)最高裁判所が決めると言っています。

そのことを受けて、元最高裁判所判事の那須弁護士も講演されました。安倍政権は5月14日に、安全保障法制の法案を国会に提出。日弁連は同日、安全保障法案の改正についてその違憲性を強く訴える会長声明を公表。続いて6月18日には、「安全保障法制改定法案に対する意見書」を公表。一貫して安倍政権の安全保障法制に反対する姿勢を示してきています。衆議院における国会審議が続いていることもあり、多数の議員の参加がありました。

 

2015.0709戦争法案を葬る連続集会

菅はこの日、『「戦争法案」を葬ろう 連続集会「立憲主義」の存続危機に立ち向かう』にも参加しました。超党派の国会議員による「立憲フォーラム」と「戦争をさせない1000人委員会」の共催で開催された院内集会には、300人入る参議院議員会館講堂も立ち見が出るほど。熱気あふれる会場では、憲法学者の樋口陽一さん、民主党参議院議員の小西洋之さんらが講演されました。集会では、主催者をはじめ参加者や野党各党の議員らが安保法案の廃案に向けて気勢を上げました。

 

イベント トップに戻る