アボリジニの方と会談・ウラン鉱山を視察


●アボリジニ(オーストラリア先住民)の方と会談しました

 

10573728_10153431801068475_322138285_o_R

アボリジニの代表の方(写真右2人目)と会談

福島第一原発で使用されていたウランが採掘された、レンジャーウラン鉱山の土地を所有するオーストリアの先住民であるアボリジニのミラー族の代表の皆さんとダーウインに近いカカドゥ国立公園で会談しました。

 

本人のブログもあわせてご覧ください。

『カカドゥ国立公園とレンジャーウラン鉱山』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11914213555.html

 

10647491_10153431812498475_1487965877_o_R

「オーストラリアのウランが福島で使われた」との横断幕

10596626_10153431807618475_1380100945_o_R

アボリジニのミラー族の代表の皆さんと記念撮影

 

●レンジャーウラン鉱山を視察しました

 

Ranger%20Jabiluka%20KNP%20map

レンジャー鉱山の位置(引用:Gundjeihmi Aboriginal Corporation)

オーストラリア北西の都市ダーウィンの東約250kmの位置にあるオーストラリア最大のレンジャーウラン鉱山を視察しました。

オーストラリアには、原子力発電所がなく、 国内で産出されるウラニウムは、海外の原子力発電所で消費されるべく輸出されています。日本の福島第一原発にもオーストラリアで産出されたウランが使われていました。

 

dob.gac.002_R

上空から視察する菅直人(撮影:Dominic O’Brien氏)

10638963_10153431806698475_1294248211_o_R

レンジャー鉱山について説明をうけました

10627829_10153431840038475_69138827_o_R

鉱山周辺の道路には「NO Stopping Any Way」と書かれた看板もありました

10642930_10153431828923475_1392245097_o_R

日豪各社のメディアから取材をうけました

 

 

 

 

 

海外 トップに戻る