鹿児島市で原発ゼロを訴え講演


●鹿児島市で原発ゼロを訴え講演をおこないました

 

鹿児島市にて、「反原発・かごしまネット」が開催した『福島原発事故の真実 それでも川内原発、再稼働なのか!』と題した集会にて講演をおこない、福島原発事故当時、原発から半径250キロ圏の5千万人が避難する最悪の想定をした経験から、現在進められている再稼働の審査に地元住民の避難計画が含まれない問題などについて訴えました。集会では、「川内原発の1、2号機の再稼働に反対し廃炉を求める」意見書を可決した、原発から30キロ圏内にある鹿児島県姶良市議会の神村次郎市議会議員と対談もしました。

 

DSC09985_R

講演する菅直人

DSC_0803_R

神村姶良市議と対談

DSC_0817_R

原発ゼロを誓う(左から向原反原発かごしまネット代表、川内前衆議院議員、野口鹿児島市議、神村姶良市議)

 

本人ブログもあわせてご覧ください。

『川内原発と避難計画』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11907092129.html

 

原発・エネルギー トップに戻る