O157の被害者を追悼・原発ゼロを訴える


●O157よる堺市学童集団下痢症の被害者を追悼しました

 

sDSC_7767_R

献花する菅直人

菅直人は、大阪府堺市を訪問し、菅が厚生大臣を務めていた1996年に発生した、腸管出血性大腸菌O157よる堺市学童集団下痢症によって亡くなられた3人の児童を追悼するとともに、事件を記録し、亡くなられた児童と多くの被害者の方々を決して忘れず、事件を反省し風化させないこと、また、市として二度とこのような事件を繰り返さないことを誓うために堺市役所に設置された碑に献花、拝礼しました。

sDSC_7800_R

菅直人(左)と堺市教育長(右)

その後、石碑の設置に、市の担当者として尽力した教育長より話をうかがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●地方自体議員の皆さんに原発ゼロを訴える

 

sDSC_7850_R

講演する菅直人(写真中央)と企画した長谷川市議(写真右)

堺市議会議員の長谷川俊英さんが企画した講演会にて、地方自治体議員を中心とした皆さんに、福島原発事故の真実と原発ゼロに向けた取り組みについてお話させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

原発・エネルギー トップに戻る