伊方原発の立地地域を視察・地元の方と懇談


●愛媛県の伊方原発の立地地域を視察しました

 

愛媛県の佐田岬半島の付け根に位置し、瀬戸内海に面したところに建てられている四国電力の伊方原子力発電所や、原子力災害が起きた際には、住民避難に使われる立地地域の道路やトンネルなどを、愛媛県議会議員の阿部悦子さんや伊方原発反対八西連絡協議会の近藤誠さんなどの案内で視察し意見交換しました。

 

DSC_0237_R

伊方原発を見下ろす場所にて地元の方から説明を受ける菅直人

DSC_0286_R

伊方原発と原発入口のゲート

DSC_0466_R

佐田岬半島は風力発電の適地でもあり多くの風車もあります

 

●地元の原発反対グループの方々と懇談

  

伊方原発や佐田岬半島の視察後、伊方町内の町見公民館に原発に反対している地元の皆さんにお集まりいただき、懇談し意見交換をしました。

 

DSC_0523_R

地元の皆さんとの懇談会の様子

 

●メディア掲載のお知らせ●

 

7月26日の活動が報道されました。

 

【愛媛新聞】 2014年7月27日
菅元首相が伊方訪問 「再稼働強行やめるべきだ」
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20140727/news20140727321.html

 

原発・エネルギー トップに戻る