これからの展望


 今回の私の選挙では無党派の市民運動や市民派市議の応援の力が大きく、共産党が候補者を自主的に降ろして下さったこともあって自民党土屋議員を追い越すことができました。

 

 立憲民主党をいろいろなテーマの市民運動グループから支持されるような政党にしていくにはどうするべきかを考えています。まずはそうした運動をしている人の国政との窓口役をしっかり務めることだと思います。かつて市民政調といった機構を設けたこともあります。いろいろな方から意見を聞いています。

 

今日の一言 トップに戻る