東京は立憲民主党と自民の激しい争い


 

  東京は都議選とは全くの様変わりです。小池党首の人気が急落して希望の新人は戦いになっていないようです。その結果、自民党と立憲民主党候補の激しい争いになっています。

 

私の選挙区でも「土菅戦争」と呼ばれ、自民党の現職と立憲民主党候補の私の大接戦というのが大方の予想です。都議選で崩れた自公協力が復活しています。これに対して今回の選挙では、無党派の市民が立ち上がった「市民連合」と、自民、公明以外の市議会議員の多くが私を応援して下さっています。武蔵野市長選で松下玲子市長を誕生させたのと同じ構造です。まさに伯仲した戦いです。

 

自民党がマスコミの予想のように大勝すると、原発ゼロが遠のき、集団的自衛権を認める憲法改正が浮かび上がります。何としても自民党の一議席を奪い取らなくてはなりません。是非とも、府中市、武蔵野市、小金井氏のお知り合いに「菅をよろしく」ともう一声かけてください。お願いします。

 

今日の一言 トップに戻る