安倍総理への不信感と小池氏へのうんざり感


 党首討論が行われています。安倍総理は相変わらず森友、加計問題ではすり替え答弁を繰り返しています。これでは国民の不信感は払しょくされません。小池氏は政権選択といいながら、総理候補もあいまいで、国民の間に「小池劇場」に対するうんざり感が広がっています。

 
 立憲民主党を立ち上げた枝野幸男代表は「まっとうな政治」を掲げました。これは私が今回スローガンに掲げた「政治に市民常識を!」と共通しています。枝野代表は弁護士で、福島原発事故の時の官房長官、その後経産大臣も経験しており、憲法、原発、経済など政策的に詳しく、実践面でも経験豊かな政治家です。安倍総理は枝野代表の発言を自分に都合よく歪曲して攻撃しましたが、枝野代表は冷静に的確に反論していました。
 
 立憲民主党は今回の総選挙で、全国11のブロックからも比例候補を擁立します。1996年、旧民主党が結成された直後の総選挙では民主党は比例で16%の得票を得て、比例で35名が当選し、小選挙区と合わせて52名が当選しました。立憲民主党は立党間もないために小選挙区候補の名前を浸透させることはむつかしい面がありますが、幸い「立憲民主党」という党名は全国的にかなり浸透してきています。民進党を応援して下さるには、小選挙区候補が立候補していない選挙区でも、比例で「立憲民主党」と投票していただければ、大きな応援になります。
 
 国会が自民、希望の保守二党だけになると、安全保障問題では歯止めが利かなくなる恐れがあります。リベラルな政治勢力が国会に一定の勢力存在することは極めて重要です。その意味からも全国で、比例は「立憲民主党」といううねりを巻き起こしてください。
 
 

 

今日の一言 トップに戻る