リベラル政治勢力結集のチャンス


 

 小池氏の最近の言動は、2005年の郵政選挙の時の小泉総理と酷似しています。当時自民党総裁でもあった小泉総理は、郵政民営化に反対する自民党議員を除名し、総選挙で公認しなかっただけでなく落選させるために刺客を送りました。長年の同士である自民党議員を落選させるために刺客を送るという非情ともいえる行動に対し、一部に批判する声もありましたが、それ以上に小泉総理の本気度を表すものとして国民の喝さいを浴び、小泉自民党は総選挙で大勝しました。

 
 当時刺客第一号を買って出た小池氏は、小泉氏のまねをしています。小泉氏にとっての郵政民営化反対議員の代わりに、民進党のリベラル派議員を置き換えてみれば、小池氏の最近の言動が当時の小泉氏にそっくりだということがよくわかります。つまり自分の本気度をアピールするためにリベラル派議員に刺客を送ろうとしているのです。
 
 私のところにも日本にリベラルな政治勢力がなくなるのではないかという心配の声がたくさん届いています。私は今の状況は、リベラル政治勢力にとってもチャンスととらえています。原発ゼロを明確化し、行き過ぎた自由競争による格差拡大に歯止めをかけ、未来世代に誰もが安心できる日本を手渡すことを政策の柱とするリベラル政治勢力を、従来の枠組みを超えて結集するのチャンスです。若くてリベラルな感性を持つ仲間を国会に送るチャンスです。
 
 
 
 

 

今日の一言 トップに戻る