民進党代表選と原発問題


 民主党代表選が大詰めを迎えている。私は原発ゼロを明確にすることから民進党に対する国民の信頼を回復するという観点から、枝野幸男候補を応援している。

 
 原発の問題は多くの政策課題と違って、日本の緊急事態にかかわる重大な課題だ。北朝鮮のミサイルを警戒して政府は警戒態勢を発令し、緊急時に地下鉄などを停止することを準備しているが、それ以上に万一原発が攻撃され破壊されても放射能被害を招かないよう原発の稼働を停止させておくことがもっと重要である。
 
 安倍総理は、3・11に発生した大震災と福島原発事故に対し、緊急事態にどう対処するかよりも、民主党政権をいかに倒すかを優先させて行動した。東電の言う間違った情報を真に受けて菅政権の原発事故対応を批判した当時野党議員であった安倍議員が、もし事故発生時に総理の座にいたらどうなっていただろうか。東電社長からの現場職員の撤退の申し出に対してどうしたであろうか。東電の申し出に従って行動した可能性が高い。
 
 原発問題はエネルギー問題であると同時に国の最大の危機管理上の問題だ。私は福島原発事故の後、東海地震の震源に近いと想定されている浜岡原発を止めた。北朝鮮の軍事的行動に警戒するのなら安倍総理はまず、日本国内の稼働中の原発全てをまず停止させることだ。
 
 

今日の一言 トップに戻る