東京消防庁と自衛隊極めて危ない。


 今日朝のNHKで福島原発事故当時の、自衛隊と東京消防庁の放水作戦の模様が放映された。印象深かったのはいずれの組織も、あの事故以降も本格的な原発事故対応の教育や装備の整備が行われていないという幹部の発言だ。現政権は原発事故はもう2度と起きないとでも思っているかのようだ。目先の利益にしか目を向けない原子力ムラに正面から対峙しなければ日本の将来は極めて危ない。

 

 昨日は太陽の蓋の上映会で河合弁護士とトークに参加。原子力ムラに真正面から対峙しているのが河合さんだ。河合さんに脱原発党を旗揚げしてもらいたいとその場で言っておいた。

今日の一言 トップに戻る