安倍総理の政治家としての間違った原点


  終戦記念日の今日、私も全国戦没者追悼式に参加した。天皇陛下はお言葉の中で、先の大戦で犠牲になられた方々への追悼の言葉とともに、「深い反省」という言葉を使われた。これに対して安倍総理は「反省」という言葉を使わなかった。

 

 ここに安倍総理の原点が表れている。安倍総理の政治家としての原点は祖父岸信介元総理がやったことは全て間違っていなかったという一点にある。東条内閣で商工大臣であった岸信介氏は太平洋戦争開戦の詔書に署名している。第一次安倍政権当時、私との国会質疑で安倍総理は、祖父に当たる岸元総理が開戦詔書に署名したことについて「歴史的に見て誤っていた」と認めた。しかし第二次安倍政権発足以来、太平洋戦争に対する「反省」には触れなくなった。

 

 歴史上の間違った判断と、祖父に対する身内びいきを混同してはならない。

今日の一言 トップに戻る