第二次新進党構想


 NHKの「北アルプス・ドローン大縦走」を見る。山の日の特集で見ごたえがあった。

 
 国会審議での新閣僚の相も変らぬ隠ぺい答弁を見ていて、安倍内閣は終わったと確信。安倍総理が国民の信頼を回復するのは太陽を西から昇らせるのと同様不可能だ。そう間を置かず、自民党の中から安倍総理への退陣要求が出てくるだろう。
 
 問題はこれからの政局の動きだ。自民党に代わる政権担当可能な政党を、小池新党がらみでめざそうという動きが、民進党離党者を含めてうごめいている。私はその動きを「第二次新進党構想」と名付けている。新進党は1994年、公明党や連合の一部を巻き込んで、小沢さんが中心となって結成した保守中道政党だ。政権獲得に失敗した新進党は1997年分党し、一部が民主党と合併し、その後民主党が政権交代に成功した。
 
 私は小池さんが最初の政治の師である細川さんのように、明確に原発ゼロを目指し、加えて立憲主義に反する安倍流の改憲論に立たないのなら、一般論としてはそうした選択もありうると思っている。しかし、小池さんは都知事であって国会議員ではないので、総選挙で勝っても細川さんのようにすぐには総理の座に就くことはできない。公明党も都議選の様に自民党から離れることが簡単にできるとは思えない。
 
 そこで、代表選を通して民進党が求心力を回復し、1997年の民主党のように、民進党が中心となる政界再編に進む事ができるかどうか。私としてはそれに期待したいが、その場合も原発ゼロ政策は不可欠だ。
 
 

 

今日の一言 トップに戻る