民進党代表選:原発政策について


 民進党代表選に前原氏、枝野氏の二人が正式に出馬表明をした。二人の原発に対する政治スタンスを注目していた。前原氏は民進党の「2030年代原発ゼロ」の考えを踏襲することを表明したが、それ以上の見解は示さなかった。枝野氏は原発ゼロ法案の取りまとめと年内国会提出、再稼働についても「責任ある避難計画」がない現状では認められないと明言した。

 

 以下に枝野氏の出馬挨拶状の原発に関する部分を紹介します。

 

 

【一日も早く原発ゼロを実現するため、最大限の努力をします。エネルギー環境調査会における原発ゼロ法案の作業を引き継ぎ、著しく進む技術革新、想定以上に拡大する再生可能エネルギーの導入、電力自由化の着実な進展など、原発を取り巻く環境や前提の変化を踏まえ、年内にも、原発ゼロ法案を取りまとめて、国会提出することを目指します。

 (民進党)結党の際の基本政策合意で、「責任ある避難計画の策定」など、再稼働の前提を付していますが、こうした前提は満たされていません。このような状況で、再稼働を認めることはできません。 】

 

 以上です。再稼働を認めないと断言したことは大きな前進です。

 

今日の一言 トップに戻る