今野党に必要なのは戦略家


 最近、民進党のある若手議員が、「自民党一強多弱で政権交代は当分期待できないと思っていたが、都議選で状況が急変するのを見て、次期総選挙で一挙に政権交代もありうると思った」と話していた。今年中に安倍政権を倒し、民進党が原発ゼロなどメリハリのついた公約を掲げ、総選挙で野党共闘を実現すれば、ありうる話だ。

 
 1993年の総選挙で、自民党が過半数を割り、政権交代が実現したのも誰も予想しない出来事だった。当時は野党陣営に何人かの戦略家がいた。初代連合会長の山岸氏、新党さきがけの田中秀征氏、そして小沢一郎氏。今野党陣営に必要なのは構想力を持った戦略家だ。

 

今日の一言 トップに戻る