都民ファーストの大阪維新化


 都議選で圧勝した「都民ファースト」は今後どうなるか。「大阪維新」と同様、次期衆院選で東京中心に候補者を出すなど「東京維新化」する可能性が高い。

 

 問題はどういう政治スタンスの政党となるのかだ。大阪維新は当初「第三極」「分権派」とマスコミにもてはやされたが、実際には「右翼」で「集権」政党あることが明らかになり、今や国会では安倍自民党の先兵と化している。小池都知事もも過去の政治経歴からすると、リベラルというよりは右翼的保守で、思想的には安倍総理に近い。しかし、安倍政権の大失政に乗じて都議選で大勝しただけに、安倍総理に近づくことは慎重になるだろう。小池氏にとって理想形は安倍総理が政権から降りざるを得なくなり、安倍総理に代わって自民党の総裁となり、総理になることだ。

 

 民進党は、井手栄作氏の提唱する「ALL for ALL」の政策と脱原発などリベラル色を明確にして政党の再建をするべきだ。中途半端では誰からも支持されない。

 

 

今日の一言 トップに戻る