政治の潮目の変わり目


 いよいよ都議選の最終日を迎えた。この2か月間、安倍政権のおごり高ぶりに対する国民の嫌悪感が高まり、政治の潮目が大きく変わり始めた。安倍総理は都議選最終日の今日、初めて街頭に出るようだがヤジが飛ぶことを恐れている。もともと臆病な安倍総理の正体が見えてきた。

 
 安倍総理は都議選を乗り切れば、一挙に憲法改正突き進もうと考えていた。しかし、閣僚の不祥事が続き、日本会議所属の右翼思想の閣僚が大半を占める現在の安倍内閣を改造せざるを得なくなってきた。安倍総理は都議選と内閣改造で求心力を失えば、強引な政権運営ができなくなる。
 
 安倍総理の憲法改正は、日本の将来を考えての改正ではなく、祖父の岸信介元総理ができなかったことを孫の自分がやりたいという個利個略だけ。安倍総理は元々気が弱い性格を隠すために、余計に強気に振舞ってきたが、それも限界に近付いている。

今日の一言 トップに戻る