大阪維新の二の舞


 都議選が始まった。昨日は民進党公認の3名の候補と推薦の1名の候補の出陣式に出席。特に私の地元の武蔵野市では、三鷹駅北口で松下玲子の出陣式に多くの市民が集まり、熱気あふれる出陣式だった。自民党と小池新党と民進党公認の松下玲子候補の3人が1議席を争う。

 
 松下候補は石原知事時代から豊洲の安全性に疑問を持ち、一貫して移転に反対してきた候補。加えて民進党の松下候補が勝てば、自民党のおごれる安倍政治に「ノー」の意思表示になる。
 
 安倍総理は国会の閉幕時に殊勝な記者会見をして、「丁寧な説明」を約束したが、舌の根も乾かぬうちに約束を反故にし、閉会中審査も臨時国会も拒否している。野党ばかりでなく、国民をもばかにしていることは明らか。
 
 率直に言って小池新党の候補も訳がわからない。小池知事自身、豊洲が生鮮食料品を扱う市場としては安全でないと言いつつ移転を決めたのは公約違反だ。そして、もともと都政に何も関心のない候補者が、当選できそうだからと大量立候補。当選しても4年間真面目に都議会議員を務める人が何人いるか。小池さん自身4年後まで真面目に知事を務めるつもりがあるのか。橋下氏が率いた大阪維新の二の舞が目に見えるようだ。
 
 

 

今日の一言 トップに戻る