蓮舫代表と松下玲子さんの応援演説@吉祥寺


 

5月28日(日)の吉祥寺駅北口で、菅直人は蓮舫代表と並んで民進党公認予定候補、松下玲子さんの応援演説を行いました。松下さんは地元での子育ての経験から、待機児童の問題について語り「東京で安心して子供を産み育て、そして仕事を続けることが当たり前にできる東京に変えていきたい!」「子供への投資は未来への投資です」と訴えました。

 

 

また、2期8年務めた都議会議員時代からブレずに反対してきた築地市場の豊洲への移転問題について。都知事と議員は対等なのに、人気のあった石原都知事に議会がすり寄ってひどく汚染された豊洲の整備に6千億円も費やしたことを批判。二元代表制の元、都民の安全にこだわり「知事のイエスマンにはならない」と力強く宣言しました。

 

 

蓮舫代表は「菅元代表と私からのお願い」として「この4年間、地域の皆さんの声を丹念に聞いてきた松下玲子さんを応援してほしい」。子育ての問題や病気で悩んでいるお年寄りの方々、介護を受けられない高齢者の皆さんの声をしっかりすくい上げてきた松下さん。準備万端でいつでも動ける彼女をぜひ議会に送ってほしいと訴えました。

 

 

蓮舫さんは最後に国会で審議が続いている森友学園や加計学園の問題に触れて「公正でない政治、まじめに働く人たちが報われない政治が当たり前になったら国は崩壊に向かう」。安倍首相は、文科省の元事務次官として証言した前川さんの言っていることがウソだというなら「国会の証人喚問に呼んで正々堂々と反論するべきだ」と訴えました。

 

 

民進党・蓮舫代表街頭演説 東京・吉祥寺駅前 2017年5月28日
https://www.youtube.com/watch?v=WrljopT1CxU

 

イベント トップに戻る