松下玲子さんの総決起集会でスピーチ


 

5月27日に武蔵野スイングホールで、民進党公認予定候補の松下玲子さんの都議選に向けた総決起集会が開催され、菅も参加してスピーチしました。参加者が会場にあふれるほどの満員で、立ち見も出る盛況ぶりで盛り上がりました!応援弁士は、菅直人をはじめ民進党幹事長代理の福山哲郎さん。

 

 

地元の邑上守正武蔵野市長、法政大学教授で市民連合の山口二郎さん。元参議院議員の大河原雅子さん、生活者ネットの西園寺美希子さんなど豪華メンバー。一人区の武蔵野市は自民党と都民ファーストの会との三つ巴の戦いです。この4年間再選を目指してきた松下さんも「1番でないとダメなんです!」

 

 

山口二郎さんは、都議会議員選挙は共謀罪などで暴走する安倍政権にNOを突きつけられる貴重な機会でもあることから「ぜひ投票に行ってください」。そして都知事の人気に便乗する経験のない候補者ではなく、2期8年の実績がある「松下玲子さんを都議会に戻してください」と訴えました。

 

 

菅は、以下の4つの理由で松下さんを全力で応援すると訴えました。人気のある小池知事にすり寄らず「都議会議員は都知事の子分ではない」という信念を貫いていること。都議になってから結婚、出産、子育てを経験し、将来の日本にとって最も重要な「子育て政策のプロ」であること。

 

 

 

石原都知事による豊洲への築地市場移転には安全性が問題ありと、一貫して反対してきた「ブレない政治家」であること。東京都も「原発ゼロ」を積極的に目指すべきと主張していること。

松下政経塾の先輩でもある福山哲郎さんは、小池都知事に対してイエスマンにならない議員が必要。だから松下さんをぜひ都議会に送ってほしいと熱く訴えました。

 

 

 

意見交換・集会 トップに戻る