東電社長が安倍現総理の間違いを認めた


 今日開かれた原子力問題特別委員会で、安倍現総理が2011年5月20日付のメルマガで「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」という記述が「間違い」であることを広瀬東電社長が認めた。

 

 つまり広瀬東電社長は、20011年5月20日の時点では安倍現総理だけでなく、東電本店幹部も海水注入が止まったと思っていたが、その後吉田所長の話で止まっていなかったことが分かったと前置きした後、安倍現総理のメルマガは間違っているかという質問に、「今の時点では間違っております」と明確に答えた。安倍総理は名誉毀損裁判で勝訴したことを「真実の勝利」といったが、東電社長が真実ではなく、間違いだと明言。

 

 私のところに入っている情報では、5月20日前後に東電本店幹部がマスコミや安倍総理に「菅総理が海水注入を止めた」という情報を流し、それを真に受けた安倍現総理と読売、産経新聞が大きく取り上げたというのが真実。

 

 そして5月24日の安倍現総理のメルマガでは「「いよいよ不信任案提出の時は迫りました」と、虚偽情報を政局に利用しようとする意図をあらわにした。そして実際に6月2日に自民党は不信任案を提出した。これについて「原発事故を政局に利用するのは政治家としてあるまじき行為だ」という私の指摘に対し、高木経産副大臣は安倍総理の政治家としての発言で、いい悪いはれぞれが判断することと、安倍総理を突き放すような答弁だったのが印象に残った。

今日の一言 トップに戻る