福島原発事故の真実


 明日の原子力特別委員会で、福島原発事故に関する間違った情報を訂正する質疑を行う予定だ。

 

 例えば、東電が1号機のメルトダウンを認めたのは事故発生後相当、日数が経過してからであったが、実際には3月11日午後6時頃には炉心露出が始まり、1~2時間後にはメルトダウンが始まっていたことが現在は分かっている。

 

 また3月12日の1号機への海水注入についても、東電は19:04に始まり、19:25に中断し、20:20に再開したと、2か月後の5月16日に発表。しかしそのわずか10日後の5月26日には海水注入の中断はなかったと発表。安倍現総理の「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです。」という大ウソのメルマガはこの5月16日から26日の間の5月20日に発信されている。東電本店からのウソの情報を信じた安倍さんの大チョンボです。

今日の一言 トップに戻る