連休が終わり、次の一手


 連休が終わり、心配されたフランスの大統領選挙も極右のルペン氏当選は回避され、EUの動揺も一応収まったようだ。しかしまだまだ国内外の動揺は続く。北朝鮮の危機は硬直状態に入り、韓国の大統領選が始まる。

 

 連休中の安倍総理の2020年に新憲法施行という発言は野党だけでなく自民党内でも波紋を呼んでいる。安倍総理の最近の発言や姿勢に二階幹事長や船田氏が公然と批判めいた発言をするなど、与党内でも一強安倍体制に不満が高まっている。

 

 民進党は国会質疑では一定の存在感を示しているが、今一つ決め手に欠ける。原発ゼロ法案の議論も原子力ムラの抵抗で難航している。都議選も小池都知事の人気にすり寄る動きに歯止めがかからず、是々非々路線を明確に打ち出せていない。

 

 民進党は党大会であいさつを受けた、井手英策慶応大学教授の路線を明確に政策化し、自信をもって打って出るべきだ。原発ゼロは当然だ。

 

今日の一言 トップに戻る