原発事故時の住民避難対策・葬場の儀・集団的自衛権


●原発事故時の緊急体制と住民避難対策について話を聞く

  

菅も参加する「原発ゼロの会」(原発ゼロ実現への思いを共有する超党派の国会議員連盟)と国会エネルギー調査会準備会共催による第42回国会エネルギー調査会(準備会)に出席しました。

 

国会エネルギー調査会(準備会)の様子

国会エネルギー調査会(準備会)の様子

 

原発事故時の緊急体制と住民避難対策について、福島第一原発事故をうけた4つの事故調査委員会の報告内容の比較を国立国会図書館の担当者より聞きました。また現在、政府内でどのような検討が行なわれているのかを原子力規制庁からも聞き、参加者で意見交換をおこないました。

 

●桂宮宜仁親王殿下の「葬場の儀」に参列しました

  

6月8日に66歳で薨去された桂宮宜仁親王殿下の「葬場の儀」が豊島岡墓地で営まれ、菅直人も首相経験者として参列しました。

 

●集団的自衛権の行使について党内で議論しました

 

民主党の憲法総合調査会と安全保障総合調査会の合同総会に出席し、現在、与党で協議がされている集団的自衛権の行使容認や、新たな法整備をしなければ実行できないと考えている15事例について、現行解釈に基づく考え方や事例の現実性などについて、これまでの関係省庁や有識者からのヒアリングを集約し整理した考え方を踏まえ、議論しました。

原発・エネルギー トップに戻る