エネルギー環境会議


 民進党大会で原発ゼロ法案の提出を決めてから初めてのエネルギー環境会議が開かれた。

 

 政府の原子力政策について経産省から改めて説明を受けた。しかしその説明では、原発の建設費の世界的高騰や逆に再エネのコストの大幅低下といったことの説明はなく、相変わらず原発が最もコストが安いと言った現実離れの説明ばかり。あまりにひどいので苦言を呈しておいた。

 

 次期総選挙までに原発ゼロ法案をまとめるには党内でも相当の努力が必要だ。原発関連企業の利害でなく、国民的視点に立てば脱原発を急ぐことこそが、国民全体の利益につながることは明らかだ。原発を次々と再稼働し、石炭火力を増やそうとする安倍政権のエネルギー政策では日本は環境面でも経済面でも世界から取り残され、孤立する。

 

今日の一言 トップに戻る