東海再処理施設のリスク


 原発以外にもリスクの高い核施設がいくつもあることが分かってきた。その一つが原子力研究開発機構(JAEA)が運営している東海再処理関連施設だ。

 

 この施設は地震などに対応する新規制基準を満たしておらず、他方JAEAは施設全体の廃止を表明している。しかし、施設を廃止するにしても、施設内に貯蔵されている高放射性廃液をどうするかを決めなければ廃止できない。原子力規制委員会も相当心配しているようで、「東海再処理施設等安全監視チーム」を設置し、継続的に安全監視を行っている。

 

 この施設は住宅地域からもそう遠くない場所にあると聞いている。新たな地震などで古くなっている施設が壊れると、高い放射性物質が外に出る危険性がある。

 

 

今日の一言 トップに戻る