小池都知事の先を行く「原発の安全性検証委員会」設置提案


 小池劇場が続いている。都議会自民党のドンといわれた内田都議を葬った後は、石原元知事とのバトル。小池知事はテレビが何に飛びつくかをよく知っている。都議選まで小池劇場にテレビをくぎ付けにする作戦だ。

 

 私は新潟県で福島原発事故の検証を行っている「技術委員会」のような組織を東京都にも設けるべきだと、民進党東京都連でも提案している。都民の安全のための情報公開という点では小池都知事の政策とも共通している。

 

 6年前の福島原発事故では外国の大使館員の多くは東京から避難した。当時横須賀でも放射線量が上昇し、在日米軍をどうするかという議論が米国であったと後に聞いた。米国は日米安保条約の重要性からそのまま留まるという決定をしたと言われている。現在も福島原発の内部は極めて高い放射線を発し続けている。格納容器が大きく損傷したら東京都も危険だ。

 

 東京都民の安全を考えれば、豊洲の汚染は重大な問題。原発事故による放射能汚染はさらに重要な問題。小池都知事も検証委員会設置には反対はしないのではなかろうか。民進党東京都連はは率先して東京都民に被害が及ぶ可能性のある250キロ圏内の原発の安全性を検証する委員会を都に設置するよう行動すべきだ。先日の総支部代表者会議でも私から提案しておいた。

 

今日の一言 トップに戻る