台湾で原発ゼロ法案が成立


台湾では総統選挙で脱原発を公約した蔡氏が当選。今回2025年までに原発ゼロとする法案が成立した。私も台湾の脱原発運動団体の招きで、総統選挙の前後に何度か訪問した。福島原発事故で日本が壊滅する瀬戸際であったことや、再生可能エネルギーで電力は十分供給可能であることなどを関係者に話をした。

 

日本のメーカによって建設中であった第4原発は稼働させず、既存の6基の原発が40年の運転期間が終了する2025年には原発ゼロを実現するという決定だ。日本と同じ島国で、原発事故が起これば国全体が成り立たなくなるという認識が広がった結果だ。日本も同じような脱原発法を成立させるべきだ。

今日の一言 トップに戻る