新年明けましておめでとうございます


新年明けましておめでとうございます。身近なところでは今年は母が8回目の酉年を迎え、3人目の孫が近く生まれる予定です。

 

今年は例年よりも考えさせられる新年です。アメリカファーストを唱えるトランプアメリカ大統領の登場によりパクス・アメリカーナが終焉し、アメリカと世界各国の関係がどう変わるのか。世界がどこまで変化するのかが考えさせられる大きな理由です。

 

世界の大きな変動の中で、私は日本の将来の姿をどう構想すべきかを考えています。日本は日本固有の地理的条件、歴史的条件などをもう一度見つめなおし、新たな将来ビジョンを生み出さなくてはなりません。

 

50年後の日本の人口は70年前とほぼ同じ8千万人と予想されています。そして日本は太陽光など自然エネルギーと豊富な水に恵まれており、優れた技術を活用すればエネルギーと食料は十分自給できるはずです。こうした前提のもとに構想すれば、日本の望ましい将来像を描くことは十分可能です。

 

特に最近農山村で食料だけでなく自然エネルギーで電力を生み出すことが可能な、水田や畑を活用したソーラシェアリング技術が広がっています。かつて農山村では炭やまきなどエネルギー源を都市に供給していました。新しい技術で農業とエネルギー生産の兼業ができるのです。農業とエネルギー生産で安定した収入が得られれば、農山村で仕事と生活が成り立つ分散型社会を構築することが十分可能となります。また都市でも農村でも子供を安心して育てられ、高齢者も安心して生きられる社会をつくることも可能なはずです。

 

私は福島原発事故以来、自然エネルギーの活用に力を入れてきました。そして多くの実例を視察し、話を聞く中で、自然エネルギーの活用で都市だけでなく農山村でも豊かな生活ができることを確信するようになりました。今年もこうした領域で特に頑張りたいと考えています。

 

本年もご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

今日の一言 トップに戻る