年の暮れ


ドイツでのテロ、糸魚川での大火など、年の暮れになって悪いニュースが続く。

 

最近で良いニュースといえばもんじゅの廃炉の決定ぐらいだ。もんじゅに続き、政府は六ケ所村の再処理工場の廃止を決めるべきだ。先日超党派の国会議員で構成する「原発ゼロの会」で、代表の一人自民党の河野太郎氏が、「経産大臣は青森に行って再処理工場を廃止するが、使用済み燃料はしばらく預かっておいてくれと青森県にお願いすべきだ」と発言。自民党の中にも分かっている人はいる。

今日の一言 トップに戻る